先輩紹介

経理・財務

経理・財務
H・F

経理部 経理課
2017年入社
神戸大学経営学部出身

仕事の内容は?

外部への開示用データの作成と
事業会社の経理全般を担当しています。

経理部は経理課と財務課に分かれており、私が所属する経理課の主な仕事は、毎月、各部署から提出されるお金の出入に関する数字を外部に出せるデータにすることです。例えば、請求書等の管理をし、売上の計算をするのは財務課、給与計算は人事課が担当し、そこから回ってくる数字を経理課が処理します。経理課の中でも、臨床検査と調剤薬局の二つの事業で担当が分かれており、私は臨床検査事業における給与と固定資産の減価償却*を担当しています。一方で、アテストという事業会社の経理全般を任されており、これに関しては、全てのお金の出入計算も私が行っています。他に家賃やリース料などの諸々の経費の入力も担当しています。

*減価償却…機器・設備などの固定資産は経年に伴い、その価値が減少していくので、その目減り分を経費として計上すること。

やりがい、成長、そして目指すのはどんなところ?

担当業務、企業活動の仕組みを理解していくことに
やりがいや成長を実感しています。

事業会社の経理業務に関しては、2017年10月に先輩から完全に引き継ぎ、一通り任せられるようになり、やりがいを感じています。まだ入社1年目ですので、今は担当業務の流れと意味を知ることが大切だと思っていますが、理解を深めることで業務の効率化が図れたときは自身の成長を感じます。2年目になると後輩に引き継ぐ業務も出てきますので、その時に業務の意味をしっかり理解していることはとても重要だと思います。また私は入社するまでファルコグループの事業について、ほとんど知識を持っていませんでしたので、臨床検査について、会社全体の仕組みについても勉強し、理解を深めていきたいと思います。そのために、現場を訪問してみたいですね。入社当初も見学させていただきましたが、今なら見方も異なり、多くの気付きがあるように思います。今後は自分の経験をすべて糧にして、将来どのようなポジションになるかを問わず、色々な経験をさせていただきたいと希望しています。

これから社会人になる人たちへアドバイスを。

自分が楽しめることを基準にするのも一つの方法。

個人的には、何をするにも「自分が楽しめるか」を基準にすると良いのではないかと思っています。就職活動でも私は、普段は中に入れないような大手企業などに足を運び、興味深かった記憶があります。皆さんも目標に向かって努力しつつも、就職活動を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【 私が入社を決めた理由&会社の魅力 】

管理業務を主体にしているため、
自分が希望する職種に就けると思いました。

私は自宅からの通勤を望んでいましたので、近畿圏内、できれば通いやすい滋賀や京都にある会社を希望していました。一方で、経理部門はどの会社にもありますが、管理業務として新卒募集をしている会社は多くはありませんでした。その中で、ファルコビジネスサポートは会社自体が管理業務を主体としており、自分が希望する職種に就けるのではないかと思いました。入社してからは、職場で窮屈さを感じることなく、のびのびと仕事をさせていただいているように思います。ファルコグループの事業については入社後に知ったことが多いのですが、臨床検査も調剤薬局も人が生きていくために無くてはならない事業だと確信するようになりました。その永続性も魅力ですね。

PageTop
Scroll